仕事満足度から見るニッポンの職

妹の進路の為に職業を調査。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

プロ意識とは

プロ意識とは

プロ意識というのは、主にプロスポーツや職人、それに芸能関係で働く人が持っている高いプロとしての意識のことです。

プロ意識という言葉は古くから使われているようなものではないのですが、特にプロスポーツ選手や芸能人などは特に強いプロ意識を持ってます。

言ってみれば「きてくれるお客さんに対して最高のパフォーマンスを魅せる」、「テレビや舞台を見てくれるお客さんに最高の演技を見せる」、「プロとしていつでも最高の仕事ができるように常に体調を整える」、「コンサートに来てくれるお客さんのために歌の鍛錬やのどのケアは欠かさない」といったものです。

自分の技術などで生計を立てている人が仕事において当然求められる結果を出すために常に努力をすることをプロ意識が高いといわれているのです。

こうしたこともあり、専門職に従事している人が何か問題を起こしたら「プロ意識が足りない」といわれてしまうこともあります。
これ以外の仕事でも、病院や消防署などで働く高度な技術が必要とされるような仕事も同じくプロ意識を持って仕事をしている人が数多くいます。

プロ意識を持つと

極論的にはどのような仕事に対してもプロ意識を持つことは非常に重要です。

自分の仕事ならば誰にも負けないと思うことはもちろんですが、その意識を高いレベルで維持して絶対に必要な人材になろうと思うことも大切です。

プロ意識を持って仕事をすることによって責任感に目覚めることができますし、もっといい仕事をしようと創意工夫をすることもできます。

プロ意識が欠けると

もしも自分の仕事に対してプロ意識をもてない場合は仕事には当然やりがいも持てませんし、自分の仕事にも誇りを持てません。
それに、情熱も何も持てずに甘い生き方しかできないようになりますし、他人に厳しいのに関わらず自分にも甘い人間になってしまう可能性もあります。

プロ意識の重要性

更に支持が無ければ動くことができないようになりますし、問題が起こったら人のせいにするようになってしまいます。

この反対に仕事にプロ意識を持てば自分の生き方にも仕事にも誇りを持つことができますし、人生を充実したものにできる上に、特に指示が無くても動くことができるようになり自分の仕事に対して責任を持つことができるようになるのです。
もちろん自分に甘いというところもなくなるでしょう。
こうしたことから、どのような仕事においても高いプロ意識を持つことは絶対に必要になるのです。

もしも自分のやっている仕事に対して何も誇りを持つことができないという人がいるのなら、その仕事における工程において自分のベストを尽くすつもりでやってみるとそれがプロ意識に昇華される瞬間を感じることができるのではないかと思いますので試してみる価値はあるのではないでしょうか。