仕事満足度から見るニッポンの職

妹の進路の為に職業を調査。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

ファッションデザイナー

ファッションデザイナーとは、衣服や身の回りの品のデザインをする仕事です。
基本的な仕事としては、色やスタイルなどのイメージを考えた上でそれを画にまとめることです。

かなり売れているデザイナーの方の場合、デザインのイメージを考えることだけをして、残りの仕事は助手の人に任せるということも少なくはありません。

その一方で、ファッションデザイナーとしてのデザインや素材の選択から衣装を作り上げるところまで全てを一人でするという方もいます。

注文服のデザイナーは、相手の人に直接指導をしながら行うのが普通で、その人の意見や個性などを尊重した上でスキルの中で最大限のデザインを決定していき最終的にその人に合った服を仕上げるようにします。

ファッションデザイナーの仕事の環境としては、ブティックを自分で経営する場合、それからアパレルメーカーで働く場合と分かれてきます。

新製品の発表やファッションショーの場合などは非常に忙しいこともあり、徹夜する場合もありますし残業も当然続いたりすることもあります。

ただ新製品を作り出すことやファッションショーを行うことに関しては非常にやりがいも大きく、クリエイティブなことが好きな方にとって魅力的な仕事であるといえます。ファッションデザイナーになるためには、専門学校に通ってスキルを身につける方法や、大学などの被服科で勉強したのちにアパレルメーカーなどに就職して勉強をするといった方法があります。

ファッションデザイナーの仕事は常に変化する人々のファッションに関する流行を敏感に感じ取る必要がありますし、更にそこに自分のセンスをミックスするスキルも必要になってくるため、日々勉強が必要な仕事ですし、そこに対してやりがいを感じることもできる仕事ともいえるでしょう。

当然自分でやっていけるだけのスキルが身についているのであれば、自営業をすることも可能ですし、そこで成功できれば富と名声を得ることができます。
そういった点でも美容師は非常に夢のある仕事であるといえるでしょう。