仕事満足度から見るニッポンの職

妹の進路の為に職業を調査。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

花火師

花火師は読んだままの花火を打ち上げたり花火を作ったりする人のことで、俗に花火職人ともいわれています。

主に夏にしか仕事が無いと思われているかもしれませんが、花火の技術は実に高度なものであり、その技術を継承するにしてもかなりの時間がかかるといわれているほどです。

なので、必然的に花火師になるためには毎日休み無く高度な技術を磨くことを考える必要があるわけです。

一人前の花火師と呼ばれる存在にまでなるためには長い年月がかかりますが可能性としては自身の花火のブランドを持つことができる可能性もありますし、うまくいけば大きなお金を得ることができる可能性のある非常に夢のある仕事なのです。

花火は夏にしか使われないので実は仕事をしても全然お金が稼げないのではないかと思っている人もいることでしょう。
しかし、実のところ花火師は本当にお金を稼ぐことができる仕事として知られています。

というのも家庭で使われる花火ひとつの値段はたいしたことはないのですが、やはり花火大会などに使われる大型の打ち上げ花火などの値段が非常に高いため、夏場は本当に稼ぎ時になるということで、その収入もかなりのものであるということなのです。

日本全国で多くの花火大会が行われているためそれは当然のことだといえるでしょうし、それだけでなく世界各国でも花火大会は行われており、日本の花火は非常に高い評価を得ているのです。

一見地味と思われる花火師の仕事ですが、高度な技術を持って優れた花火を作ることができれば可能性として自らの名を世界に轟かせることができるかもしれない非常に大きなやりがいのある仕事なのです。

それに、花火は多くの人を感動させることもできますし、自分で上げた花火が美しい出来であったときにも感動を得ることができます。

何よりも花火で人々に感動を伝えたいという人にとって花火師の仕事もまた夢のある仕事であるといえるでしょう。