仕事満足度から見るニッポンの職

妹の進路の為に職業を調査。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

伝統工芸

手作業で行う伝統工芸

伝統工芸は職人芸とも言われるほどに優れた技術をもって物を生み出すテクニックで、とても正確でありもはや芸術の粋に達しているともいえるほどのものです。

一般的に使われる家具ひとつとってみても、とても優れた技術が使われており単なる家具とは感じさせないほどのオーラを発しているものもあるくらいです。

日本の伝統工芸は非常に古くから存在し、多くの職人が日々技術を磨きひとつの芸術として昇華したものが非常に多く世界にも誇れるものが多数存在します。

主に手作業で行われるもので、現在の製造技術の根本となったものも決して少なくはありませんし、機械では決して表現することができないような非常に細かいところまで行われる作業は見れば見るほどに目を奪われるものばかりなのです。

当然物によっては非常に高い値段がつくものもあり、単なる生活に使うようなものであっても技術力の高さが反映されているものであることがよくわかります。

伝統工芸の現状

ですが、この作業は非常に細かく技術の継承する人間が減ってしまっているという現実もありますし、機械によって大量生産される工業製品には勝つことができず、今では主に高級専門店で購入するものかお土産屋さんなどで購入するものとなっているのです。
ちなみに、伝統工芸は技術の高さだけではなく使われる材料も不足していることによる値段の高騰によって、購入する人も減ってきていることもあって、需要が減ってきているのです。

こうした背景もあって仕事にならないということで職人の数も減っていき、自然とその流れで後継者も足りないという現状があるのです。

伝統工芸の仕事には、ガラス吹き工、人形作家、和楽器職人、だるま職人、飾り師、和紙職人、和傘職人、鬼瓦職人、ちょうちん・うちわ・扇子職人、面職人などをはじめとした非常に多くのものがありますが、いずれも高い技術を必要とするものばかりです。
現在は確かに職人は減ってきているのですが、最近の傾向は国からの補助もあって伝統工芸の技術は若い世代に継承されていっているようです。

日本は古くから島国とって独自の発展を遂げてきた国で、その歴史の中には日本独自の多くの文化があります。

しかし、明治時代以降は西洋文化が入ってきたことによってその技術は徐々に失われていき今がありますが、そういった中でも今なお受け継がれている伝統工芸は世界的にも非常に高い評価を受けているところもあるため、日本の誇りとして大事にするべきではないかと思います。

さまざまな伝統工芸職人

ガラス吹き工

ガラス細工などを作り出すガラス吹き工の仕事について。

和楽器職人

伝統楽器を作る和楽器職人という仕事もあります。

花火師

技術を継承するまでに時間がかかる花火師。

だるま職人

だるま職人はお祝い事の際などに使用するだるまを作る職人のことです。

漆職人

漆職人は役目ごとに呼び名も変わってきます。