仕事満足度から見るニッポンの職

妹の進路の為に職業を調査。

Skip to: Content | Sidebar | Footer

行政書士

行政書士の仕事

行政書士というのは非常に多くの書類の作成を行うことができる国家資格です。

もっと言ってしまうと法律に関しての書類や手続きにおける専門家という立ち位置にあります。

例えば株式会社設立取引や増資取引、遺産分割協議書作成、内容証明郵便作成といったものがそれに当たります。

行政書士の扱う書類は官公署に提出するものが多いのですが、特に様式の通りに書類を作成しなければ受理されないところもがあるため、素人が書類を作成したとしても突っぱねられる可能性があるわけです。

とても複雑なものゆえに、専門性の高い知識を持った人に代わりに作成してもらったほうがいいではないか、ということで難しい書類の作成と手続きを代行してくれるというのが行政書士の仕事なわけです。

活躍の場

現実的に書類の作成には時間もかかりますし、何も知識がない状態でやったとしても間違いなく受理されることはないため、その書類を的確に処理できる行政書士のニーズは今後更に増していくと考えられています。

また、資格についての知識をしっかりと身につけることができたら専門学校の講師などもすることができます。
それに独立開業をすることもできますし、そうすれば定年退職も無く自分自身も力によっていくらでも高い収入を得ることができるわけです。

この独立開業についてですが、行政書士の資格をもっておけば別に実務経験が無い場合でも仕事をすることは可能ですが、その場合は最低限知識があって処理ができる業務に特化することも大切で、できないことを引き受けてしまうと後で調べるのが大変なのです。

行政書士の資格を持っていれば会社で働きながらでも仕事ができるため、行政書士の仕事をしながら自宅を使って事務所を作ることで小資金での開業が可能となるわけです。開業のときも行政書士会が援助してくれるとのことですので安心です。

行政書士の仕事は資格を持っておけば未経験でも行うことができるというような求人もありますので勉強をしながら知識を深めるということも可能です。

それから資格を取っておけば自分で何かの手続きを行うことに関しても自分でできるため非常に役に立つことになります。

行政書士の作成できる書類は専門性の高いもので、知識がなければきちんとしたものは作成できませんので、自分にしかできない仕事ということでもやりがいを持つことができます。

金銭的に見ても専門性の高いというところを見ても非常に魅力的な資格であるといえるでしょう。